FC2ブログ

2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01













スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

3本の足に大怪我したにゃんこを預かることになりました

2008年02月20日(水)
 一昨日夜、携帯でmixiを見ていた時、コミュに気になる書き込みを見つけました。(リンクはmixi内のトピックですので、会員以外は見られません)

 電車に轢かれて足を切断されてしまった野良猫ちゃん。保護したものの、病院からは「飼い主がいないと手術ができない」と言われ、安楽死を勧められてしまったとのこと。残すタイムリミットは2時間弱。場所が藤沢市とあったので、お隣りの市だし、電車――江ノ電に轢かれたということは、うちから近い? と気になったのです。でも、見た時には既にタイムリミットと言われた時間が過ぎていました。
 どうなったかなあ、と保護主さんの日記を見に行くと、「時間延長」とありました。が、「手術は野良猫のボランティアに理解があり治療費の相談にも乗ってくれる病院にすることにしたが、転院のための足がない」ということが書かれてありました。

 ご存じの通り、我が家には既に9猫がいて、里親にはもちろんなれません。一時預かりなら何とかならなくはないかもしれないのだけれど、その時はダンナはまだ帰っていなくて相談もできない状況でした。でも、とにかく転院のために猫を運ぶ車を出すことはできると思い、保護主さんにその旨をメッセージしました。

 何度かメッセージをやり取りしている間に、本当に家が近いこと、私が専業主婦で普段家にいること、猫は多いけれど他の猫との住み分けが可能であることなど、私が一番、保護主さんにとっては条件が良い預かり先だと知りました。
 ただ、私は猫との生活暦だけは25年以上と長いけれど、大きなハンデをもった猫の世話はしたことがありません。新しい子がうちに来れば、うちの猫たちにもストレスがかかることは確かです。迷いながら、帰って来たダンナに相談すると、秀の闘病中に思うところがあったダンナは、
「今回は止めないから、後悔しないようにやっていいよ」
 と――以前、保護活動をやり過ぎて叱られて、保護活動禁止令が出ていたんです。(^^;ゞ――、GOサインが出たのです。 そこで、一昨日、深夜まで保護主さんとメッセージのやり取りをして、一時預かりをすることを決めました。 更に昨日朝、もう一度電話で今後のことを確認し合い、11時に猫が入院している病院で待ち合わせました。

 病院に入って行くと、先生が、
「見たらびっくりするよー。大丈夫かなあ」
 と言いつつ、抱っこして連れて来てくださり……自分で思っていたよりは冷静に見ることはできましたが、予想以上に悲惨な状態で、後ろ足は2本とも骨が見えていました。前足も先がつぶれていて……3本、足を切断しなければならないだろうということに、本当にかわいそうで、血の気が引く思いでした。が、感情的になると猫がかえって怯えるだろうと思ったので平静を装いましたよ。もともと顔に出ない性質でよかった……(^^;)

 色々お話を聴き、お礼を言って猫を引き取って、その足で転院先の病院へ。数年前までよく行っていたディスカウントショップに近い場所で、比較的行き慣れた道だったのでホッ。知らない道を運転するのは今一ニガテです。(^^;)

 転院先の病院でも、かなり厳しいことを言われました。
「治療はしろと言われれば最善の処置はするし、基本的に安楽死は考えない方針だけれど、せっかく治療しても正式な飼い主が見つからなければ、かえってこの猫を不幸にしてしまう。里親が見つからない場合、最後まで責任をもてるのか」
 と。
 私は黙っていましたが、保護主さんが、
「絶対に最後まで見捨てません、助けたいんです、お願いします」
 と、本当に真剣に熱心に、きっぱりと言いました。
 もちろん私も、預かりをする以上、最悪、里親さんが見つからなかった時のことも考えなければならないと思っています。しかし、厳しいようですが、まず一番に保護主が責任を果たすという自覚を持ってくれていなければ、こうした保護は成り立たないということもわかっていたので、敢えて黙って聞かせていただいていました。
 保護主さんの決意が聞けて、先生も納得して、
「できる限りのことをします」
 とおっしゃってくださいました。

 手術の同意書にサインをし、猫を預けて帰りがけにファミレスで昼食を摂りつつ、更に今後の細かい打ち合わせをして、お互い行きつけのスーパーの駐車場で別れました。
 保護主さん、ほんとに地元なんですよねぇ。よく行くスーパーが一緒だったんだもの。(^^;)
 今まで里親探しコミュはよく見ていて、物資を送らせてもらったりしたことはあったけど、自分の状況などを考えて、預かりに名乗り出ようとまでは思えませんでした。それが、今回は考えるより先にメッセージを入れていた辺り、やはりこうなる縁があったのでしょうね。

 ついでに(笑)スーパーで買い物をして、家に帰りついたのは午後3時。病院からは、
「手術が終わったら担当獣医師から電話します。12時~3時が手術の時間帯ですので、早ければ3時か、4時…… 5時頃?」
 と言われたので、そのまま電話(子機)を傍らに置いて待っていたのですが……

 4時、5時、6時、7時……
 電話、来ないよー? どうなってんの??
 落ち着かなくて夕飯の支度もそこそこだし、食べてても味がしなくて食べた気がしなーい!(:_;)

 携帯メールで保護主さんと、「来ませんねー」「まさか連絡を忘れられてる?」と言いつつジリジリ待っていましたが、とうとうしびれを切らして8時ちょっと前(病院が終わる時間直前)に電話してしまいました。
「すみません、今日は手術が立て込んでいて、まだ手術中なんです。終わったら必ず連絡しますので」
 と、言われてしまいました。ああ、忘れられてたわけじゃなかったのねー。もうすぐ閉院時間なのに、お疲れ様です。電話してゴメンナサイ。

 結局、連絡が来たのは9時過ぎでした。うーん、ほんとにお疲れ様です……。

 手術は無事終わったとのこと、血液検査・レントゲンとも異常はなかったとのこと。血液検査は猫エイズ・白血病の検査もお願いしていたのですが、白血病は陰性ということでした。エイズのことは聞きそびれてしまったので、会いに行った時に確認する予定。
 それから、今後のことや怪我をした時の状況で気になっていたこともあったので質問して、電話を切り、保護主さんに報告し、コミュに預かりになった挨拶の書き込みをしてようやくホッとできたのは10時過ぎ。まさに怒涛の一日でありました。

 術後の経過に問題がなければ、1週間ほどで退院し、我が家へ来る予定です。
 正直、うちの子たちがどういう反応を示すかが一番不安なんですが、こればかりは来てみないとわからないことだし、あまり深刻に考えずに臨機応変に対処していこうと思っています。

 さて、物置に数年間しまいっ放しだったケージ出して洗わないとな~。家の模様替えも、少なくとも預かりの子が過ごす部屋だけでも退院してくるまでに仕上げておかないと。

 ということで!
 残った足は1本だけ。でも、保護主さん始め、mixiのコミュのメンバーたくさんの人の愛情に支えられて命を取り留めたこの猫ちゃんの里親さんを募集します~。小柄でとってもかわいいお顔の女の子です。



 詳細は、にゃんこが退院してからになると思いますが、どうか「こういう猫こそ家族にして幸せにしてあげたい!」という粋なお方にお心当たりのある方はご連絡ください♪
 でもって、しばらくはblogやサイトが預かり猫さん中心になるかと思いますが、よければおつき合いくださいませ。

 ……うん、でも、私のことだから、うちの子日記もミーハー日記もおた日記も続くとは思うよ。たぶん。(たぶん?(^^;)

No title

はじめまして,あっこと申します。
実はMIXYでトピ見てから気になって気になって・・・
4年前に越してしまい町田在住なのですが,ウン十年私もたぶん近くに住んでおり地元に近いのもあって江ノ電にと言う話もあって・・・気になってました。
我が家も多頭の為,何かお力に・・・と考えていたところに
マナさんが手を挙げてくださって。

私が言うのも変ですが,ありがとうございます!!
猫は痛みに強いといいますが,この子はそんな言葉は当てはまらないはず!!
それでも,目の輝きがものすごい!!

強運の持ち主のはずだと思います。
きっと不自由な手足を残った一本で引きずって
驚くような動きを出来るようになるかもしれないですね。
希望も込めておりますが,マナさん,何かお手伝いありましたらご連絡下さい。また,お邪魔させてくださいね♪
[ 2008/02/21 02:12 ] あっこ URL [ 編集 ]

No title

>あっこさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
blog、拝見しましたが、あっこさんのお家もたくさん猫さんと保護猫さんがいらっしゃるんですね~。でもみんな、とびきり美猫さんたちなのでびっくり。ごまめちゃん、メインクーンのMIX!? フィル君、貴公子のようだわ。真っ白ふわふわ長毛~! 一度実物に会いたいと思ってしまいました。(^^;ゞ

本当に、痛みに強いなんてレベルの話ではないですよ。それでも発見された時は歩いていたというのだから、強い子だなと思います。
猫ちゃんの様子は、保護主さんと今日にちを相談中で、2、3日中には見に行く予定でいます。我が家に迎える前に、準備もしておかないといけませんしね。
持ち前の生命力、精神力でがんばってくれると私も思っています。
あっこさんも保護猫さんを抱えて里親募集をしていらっしゃるので、難しいかもしれませんが、できる範囲で里親募集に協力していただけたら助かります。
これからもどうぞよろしくお願い致します。
[ 2008/02/21 12:08 ] mana_blog URL [ 編集 ]

No title

うわ~、写真載ってる(*^^*)めちゃくちゃ美猫さんだねー。
里親募集、微力で何の役にも立たないかもだけど
これから協力させてね。
電車に轢かれても命が繋がった猫ちゃん、なんだか
いっぱいメッセージを持って頑張ってくれた気がする・・・
私が泣いてる場合やないね(^^;)
[ 2008/02/21 20:16 ] chiko_patanyan URL [ 編集 ]

No title

>ちこさん
うん、とってもかわいいお顔してるのよ。今はまだ警戒しているけど、慣れてくれたらどれだけかわいい表情を見せてくれるんだろうか、と。
これだけの大怪我をしたのに人を怖がる素振りをあまり見せないし、もしかしたら家猫さんだったのかも。そうじゃなくても、人によく懐いている野良ちゃんだったんじゃないかな。
家猫さんなら、家族を見つけてあげたいし、野良ちゃんなら早く大切にしてくれる里親さんを見つけてあげたいです。
うちで預かっている間は、うちの家族と思ってお世話するつもりだけど、やっぱり仮の家でしかないものね。本当の家族になってくれる人、募集中です。
[ 2008/02/22 10:19 ] mana_blog URL [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pikakids.blog.fc2.com/tb.php/261-f2358e9e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。