FC2ブログ

2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01













スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

早く元気になぁれ

2008年02月22日(金)
 病院へ保護猫ちゃんに会いに行ってきました。
 保護主さんも一緒に行く予定だったのですが、どうしても抜けられない急用ができてしまい行かれなくなってしまったので、1人で行くことに。

 残念ながら担当の先生はお休みで、色々お聞きしたいことがあったのですが聞けませんでした。
 でも、看護士さんにカルテを確認していただくことはできて、エイズも陰性だということでした。これで白血病・エイズ共に陰性だとわかり、一安心です。

 猫ちゃんの様子は、包帯は痛々しいですが、手術のため傷口周辺の毛が刈られ、泥なども落としてきれいにしてもらい、落ち着いているようでした。
 足も、私が想像していたよりは多く残してもらえたようです。あれなら、ひょっとしたら歩けるようになるかも、と、ちょっと希望が見えた気がしました。(楽観し過ぎかな?)



 看護士さんに「様子はどうですか?」と聞くと、「元気ですよ」との答え。
 ゴハンもちゃんと食べているそうです。

 私が見た時は、傍にカリカリが置いてあって、それはあまり食べていなかったんですが、ケージの入り口近くに置いてあった器の方にはウェットフード(たぶんヒルズの缶詰)をきれいに食べた後がありました。
 最初、看護士さんが指に缶詰のゴハンをつけて口元に持っていってあげたら、指ごとガブリといっちゃったとか。手を噛もうとしたわけではなく、指につけられているということがよくわからなかったようだ、ということでした。

 それから、「人に対して怖がる様子はありますか?」と質問しましたら、「警戒はしているけど、それほど怖がっているようではない」とのこと。

 私が覗き込んだ時は、やっぱり警戒しているようで、「にゃーーーーーっ」と強く長く鳴きました。(傍に来ないで! と言っている感じ)
 唸るでなく威嚇するでなく鳴いたということは、人間に対してそれなりにコミュニケーションを取ることを知っているということではないかと思います。身動きしないのは体のためだけでなく、こちらへの恐怖もあるのかな、とは思いますが、
「早く元気になってお家に帰ろうね」
 と声をかけたら、目をシバシバさせてました。これも悪くない反応だと思います。

 それにしても、こざっぱりとしたら、最初に見た時より更に小さく見えました。小柄な子なのかもしれないけど、もしかしたら1歳になっていない若猫なのかも。
次に行ったら先生に年齢も確認したいと思います。

 全身画像も貼っておきますね。包帯で巻かれているので大丈夫と思いますが、そういう画像が苦手な方もいらっしゃるといけないので、一応たたんでおきます。




No title

そんなことがあったのですか。お疲れさまです。
旦那様の保護活動禁止令が解除されたのも運命なのかな。
正直な話、私にはとても真似できないです。
ほんとに頭下がります。

酷い目にあったにしては、きょとんとかわいい表情の元気そうなお顔をしてますね。
前向きな明るいコなのかな?
しっぽがフサフサで。。。
幸せな猫生をおくれるよう祈ってます。
[ 2008/02/22 20:49 ] neco_no_koolon URL [ 編集 ]

No title

マナさん、お疲れ様です。

ごはんを食べてるってことは「生きたい」って事だとさぶろうは思うから…。

しかし…かわいこちゃんですにゃ♪もっこもこ~♪
自分でおトイレが出来るのであれば、肢がなくてもほんっと、たいしたことないよ!!(*実家に下半身不随のコが。おしっこが出来なくて毎日絞って出してたらアタシが腱鞘炎になっちゃったよー☆)

マナさんもにゃんこちゃんもファイトー♪
[ 2008/02/22 21:20 ] さぶろう URL [ 編集 ]

No title

>くろさん
うん、あったのですよー。(笑) 私もこんな身近であったことにびっくりよ。
まあ、保護活動禁止令解除はちょっと前にされてたんだけどね。そういう意味では、再開する良いきっかけにはなったかな。
くろさんだって、真似じゃなくてやってるじゃない。リュッ君もウェちゃんも買って来たわけじゃないでしょー。同じことよ。目の前に出て来ちゃったってだけ。
でも、保護主さんの方は色々悩んでいるみたいで、ちょっと今後の方針が変わるかもしれません。
ま、どうなったとしても、この猫ちゃんに対しては、幸せになれるまでサポートしていくつもりだけどね。

写真だとそう見えないかもだけど、やっぱりちょっと警戒されてたよー。でも、表情はすごく幼くてあどけないの。きっと、子猫に近いくらいの若い子なんだと思うよ。
幸せになって欲しいと、私も思います。
[ 2008/02/24 00:37 ] mana_blog URL [ 編集 ]

No title

>さぶろうさん
ありがとうございます

私も、ゴハンを食べていることは、生きる気力が充分あるってことだと思います。顔も目もしっかりしているし、生命力もありそう。
そして何より、美猫さんでしょう。怪我してないで保護されてたら、あっという間に里親さんが決まっちゃいそうなくらいかわいい子です。シッポから考えると、ちょっと洋猫入っているかも。

おトイレに関しては、まだわからないのだけど、少なくとも内臓には問題がなく、麻痺などもないので、自力排泄は可能だと思います。
しかし、ご実家に下半身不随の猫さんが! しかもその介護で腱鞘炎ですか! さぶろうさん、お疲れ様です。m(__)m みんな色々苦労しているんだなあ。

さぶろうさんも、ファイトー!
[ 2008/02/24 00:41 ] mana_blog URL [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pikakids.blog.fc2.com/tb.php/262-c8625045


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。