FC2ブログ

2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01













スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

深夜に響き渡る絶叫

2008年04月27日(日)
昨日(4/26)深夜、すなわち4/27am1:30頃。
最近では、4/26(土)25:30頃、なんて言い方をする時間帯に、トイレに入っていたら、どこからか動物が鳴くものすごい声が聞こえてきた。
最初はうちの猫らがケンカしてるのかと思って、そっとドアを開けて廊下の様子を窺ってみたけれど、どうやら声は家の中ではなく外のよう。トイレの窓のすぐ下辺り。窓は裏庭に面しているから、裏庭? 声の感じが、なんだか子猫か子犬のような……。

え、子猫が虐められてる? こんな時間に、うちの裏庭でぇ!?
まさか、ねぇ……。

とはいえ、かなりすさまじい尋常ではない声が続いているので、思わずライトをひっつかんで飛び出してしまった。2階の、道路側に面した部屋にいたダンナもすぐに出て来たから、相当大きな声だったんだと思う。

裏庭は急斜面の崖地になっていて、うちの敷地なのに人は登りにくい場所だ。少なくとも私は登れない。(^_^;) 声は、その崖地の中腹辺りから聞こえていた。近くで聞くと、何とも形容し難い声――キャェイン、キェィィン、キャャャャー? みたいな?――で、子犬のような声ともいえるけど、子犬ではなさそうだった。もちろん猫でもない。
斜面に向かってライトを当ててみたけれど、何もいない。どうやらうちよりもほんの僅かお隣の敷地内にいるようだ。
うちは今年、山歩きと草木いじりが趣味の知人が、かなり思い切った伐採をしてくれたお陰で見通しがかなり良くなっているけど、お隣は長年かけて育ったかなり背の高い木や草が生えそろっていて森のような状態になっていて、そちら側にいるとなれば草や木に隠れてしまうから、何かいても見えない。

しばらくの間、声はすれども姿は見えずという感じで、唸り声とも悲鳴ともつかない声が響き渡っていたが、やがてザザザザザッと枝葉をかき分けて疾走していくような音が聞こえて、声が遠くなった。どうやら追いかけられて(?)隣からその隣へ、更にその先へ――と行ってしまったようだった。
それでも気になって、あちこちライトで照らしていると、まだ手入れが終わりきっていないので、そのまま置いてある知人のはしごのところに光る目が!

「あ、あそこ! 目が光ってるよ!」
と指をさすと、
「え、どこ?」
と、ダンナ。
「ほら、はしごのとこ」

と、ライトを固定して見せたが、ダンナには見えていないらしい。はしごは1本の木にひっかけて置いてあり、その木の陰から顔を右に出したり左に出したりしていたのだけれど、ダンナがいる位置からは見えにくかったようだ。

しかし、尚もライトを当て続けていると、ゆったりとした動作で木の後ろから出て来た。私たちのいる場所からは距離があり、遥かに上の方にいるためか、警戒しつつもすぐ逃げ出す様子もなく、お隣りの方向へ歩いて行く。
木の蔭から出て来たおかげで、ダンナにもようやく見えたようで、
「ほんとだ! あれ何?」

太いシッポ。
背中より僅かに低い位置にある丸い頭。
少し尖ったような鼻先。
赤く光る2つの目。
人が手を動かすような、器用な仕草をする前足――

やっぱり猫じゃない。タヌキ? ハクビシン? アライグマ?
でも、ハクビシンとは頭から背中にかけてのシルエットが違う気がするし、タヌキにしては小さいし、アライグマにしては顔が丸い気がするし……。お隣さんが、「タヌキの親子を時々見かける」と言っていたから、子ダヌキとか? タヌキ親子が他の動物と鉢合わせして親が子ダヌキを守るために戦ったとか、もしくは親ダヌキが獲物を獲ってたとか。うーん??

で、ちょっとネット検索。
http://www.chiba-muse.or.jp/NATURAL/special/mammal/chibamammal/middle4.html

顔の区別は、正直言ってわからーん。ヽ(`Д´)ノ 暗かったし。
でも、印象的だったシッポ。シッポは、太くて長めでシマシマだった。ダンナ曰く、
「ピカのシッポ(これ↓)とそっくり」



ってことは、アライグマ

うーん…… 確かに、シッポはアライグマな気がする。

その、何だかよくわからないアライグマ(?)は、最後まで変わらずゆっっくりと、 森の奥 隣の敷地の草むらの中へと去って行ったのでありました。

しかし、嵐(ケンカ?)が去った後、彼(彼女?)が出て来たということは、金切り声を上げて逃げて行った奴とそれを追いかけて行った奴とは別モノだよねぇ? いったいあの騒ぎは何だったのか、その後どうなったのかはさっぱりわからず。気にはなるけれど、調べようがないのでありました。

前にもアライグマは見たことあったけど、あのすさまじい鳴き声をあげたのがアライグマとは別だとすると、やっぱり他にもタヌキとかハクビシンとかがいるってことですねぇ。自然あふれる……ならいいけど、アライグマやハクビシンは移入動物だしな。ちょっと複雑な気分、かも。

( ̄  ̄;) うーん

…………ま、考えてもしかたないか。( ..)ヾ ポリポリ





ちょっと和んでおこうってことで↓


先週、遊びに行った友人宅で保護中の手のり~ずの1にゃん。ミルクタイムです~♪(*^_^*)

友人は手のり~ず育ての名人。1日10gずつ体重が増え、ンチ君も小さいけどいっちょまえにしっかりした形で健康優良児な3仔ニャンです。順調に育ち過ぎて、友人は、
「そんなに早く大きくならなくていいよー!o(>_< *)(* >_<)o ジタバタ」
と、嘆いて(?)ました。(笑)

子猫はかわいいし育児は楽しいんだけど、その後は 地獄の 里親探しが待っている。里親探ししないで自分家の子にしていいなら、私もいくらでも育てたいけどなー。

No title

お疲れさまでした~☆
タヌキは自分がイメージしているのより細くて長いんだよねー。おとといは「イタチ」(多分)を見ました。←さぶろうが見かける野生動物は殆どが天に召されているけど。   街中(?)でもちょっと緑があるところだとタヌキっているんんですよね~。
オスがメスへの求愛を失敗したのかな?気になるぅ~!

*おまけの「地獄」の線引きに、座布団3枚←アホになって読んで下さい。
[ 2008/04/28 07:50 ] さぶろう URL [ 編集 ]

No title

うわーワイルドだねぇ(@o@)
アライグマとハクビシンのケンカとかかしら。
家の近所ではね、たまに愛人殺人とか発砲事件とかならあります<(_ _)>

手のりニャンかわいーたまらんっっっ
[ 2008/04/28 11:39 ] neco_no_koolon URL [ 編集 ]

No title

正体は一体なんだったんだろうねぇ(x_x)
深夜に、ってのも怖ーい!うちの実家の方は古い家が多いから
イタチが多かったなぁ。

ぐわー、かわい~~~~っっ!!秒殺された(*^^*)
子猫はほんとに可愛いねぇ。けど、よそのお家にいる子に
会いに行くのが何の心配もなくて一番かも(笑)
[ 2008/04/28 13:25 ] chiko_patanyan URL [ 編集 ]

No title

>さぶろうさん
いえいえ、なかなか楽しい貴重な出来事でした~。(笑) まあ、あの後がどうなったか気にはなるけど。でも、確かめようがないんでねー。想像しておいてください。

タヌキって、実物より絵やイラストのイメージが強いですよね。実際はそんなに丸い顔はしてないですが、それでもアライグマとかハクビシンに比べるとフォルムが丸い気がします。(ほんの少しだけど(^^;))
街中でも、タヌキもハクビシンもいるみたいですよねー! 先週遊びに行った手のり~ずの保護主さん家も都内ですが、
「ハクビシンが電線の上を走って行ってるのを見た」
と言ってたし。
都会でも、意外に身近なところに自然(と呼んでいいかはわかりませんが)があるんだろうなあ、と思います。人間が見ようとしていないだけで。

*おまけ
あははっ、座蒲団3枚、いただきましたーっ(「厨房ですよ」風?)
[ 2008/04/29 00:41 ] mana_blog URL [ 編集 ]

No title

>くろさん
ワイルドっていやあワイルドだねぇ。声の主がどうなったかが気になるよ。

げーっ、そういう事件はノーサンキューです~。Y(>_<、)Y ヒェェー!
とばっちりで巻き込まれないように気をつけてね!

手のり~ず、かわいーよねー。目が開いたばっかだったんだよん。(@⌒ο⌒@)b
[ 2008/04/29 00:43 ] mana_blog URL [ 編集 ]

No title

>ちこさん
ほんと、正体が気になるよ~ん。でも確かめる術がないのだ。
イタチかぁ。イタチもいるかも。というか、なんでもいそうな気がしてきたよ……。まあ、さすがにキツネやクマはいないだろうけどね。(笑)

(゚ー゚)(。_。)ウンウン 子猫はかわいいけど、よそのお家にいる(できればそこのお家の)子が一番安心できるよ。自分で保護しちゃうと、後のこと考えて気が重くなっちゃう。(+_+;)
[ 2008/04/29 00:46 ] mana_blog URL [ 編集 ]

No title

この記事をよんだときから考えていたのですが
それって「ハクビシン」だと思う。
マナさんはうちに来たことがあるので、お分かりかと思いますが
商店街の道路をタヌキのような、シッポが太い動物が何度か目撃されております。
この場所でですよ~目撃情報も一度や二度ではありません。
そしてうちの裏の森に逃げ込んだという目撃情報が多くて。。。

市の動物公園の園長さんに、自分のお世話している猫が
ハクビシンに襲われたら困るので、捕獲器で捕獲したら
動物園の檻で飼育してくれるか?問い合わせたのよ~
そしたらね~このあたりにもたくさんのハクビシンがいるらしいこと。
また捕獲しても動物園では飼育できないので、早い話処分するだけみたいなので
捕獲器仕掛けることもやめました。

3週間ほど前にうちの元気な猫が1匹、突然行方不明になったのも
もしかしたら・・・と考えてしまいます。
猫よりず~っとおおきいみたいですから。
[ 2008/05/18 21:29 ] と・ろ・ろ URL [ 編集 ]

No title

>と・ろ・ろさん
あの商店街にまで!
ハクビシンってどこにでもいるんですねー。びっくりです。
私も家の近くで見たことありますから、間違いなくハクビシンはいると思います。
で、たぬきもいるんですよ。お隣さんの家の中を覗いていたそうで、シッポが明らかにたぬき(短くてバサバサ)だったと言ってました。
そして、実はアライグマも別の日に見てます。
朝、ゴミ当番で、ゴミ置き場にカラス除けの網をかけていたら、普通に道路をポテポテ歩いて来てました。
ハクビシンと違って、明らかにシッポがシマシマだったんですよねー。
ハクビシンとアライグマは顔がよく似ていますが、ハクビシンのシッポはシマシマじゃないので、そこが見分けるポイントらしいです。
というわけで、謎は深まるばかりです。(笑)
[ 2008/05/20 11:45 ] mana_blog URL [ 編集 ]

No title

字数制限にひっかかったので、分けました。(^^;)



猫が突然行方不明になるのって、色々事情はありそうですし、一概に言えないけど、可能性ありますよね。
うちの主治医の先生にも、ハクビシンやアライグマ、タヌキの方が強いので、猫はやられてしまうと言っていました。
実際、時々タヌキやアライグマにやられて大怪我をした猫が何度も運び込まれているそうです。
野生動物だし、人慣れしている猫はひとたまりもないでしょうね。(T_T)
[ 2008/05/20 11:45 ] mana_blog URL [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pikakids.blog.fc2.com/tb.php/277-9b32fbe8


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。