FC2ブログ

2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01













スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヘタレ新入りに教育的指導を

2008年07月31日(木)
先日からリードを外して家の中でフリーになったトム君。最初はソワソワしていたけれど、昨日は日記に書いた通り、だいぶリラックスしていました。

が、しかし!!

リラックスし過ぎました。
はしゃいで猫たちを追い回し、「ハーッ!」「ウー」とやられてもメゲずにじゃれつき、迷惑がられても何のその。

おいおい、調子に乗り過ぎだぞ~……(汗)

と、思ったら、案の定。

2階の廊下でみるくにじゃれついて「シャーッッッ!」とやられた直後、
「キャンッ」
と、悲鳴をあげたトム君。その目の前には、怒りオーラMAXで肩をいからせた千弥介が……。(千弥介の背後、とおーくにみるく。(笑))
どうやら、がつん! と一発、猫パンチを食らった模様(といっても、怪我しない程度)。
そして、ヒタッとトム君を睨み据えたまま、のっしのっしと近づいて行く千弥介に、恐れをなしたトム君は、
「キャイン、キャイン」
と鳴きながら、シッポ丸めて階段を駆け下りて元いたDKに逃げ込んで行きました。

たいした攻撃受けたわけでもないのに、トム君、圧倒的に迫力負け。
オイタが過ぎたトム君@若造ワンコに、千弥介@ボス猫が教育的指導を行なったという感じですな。(^^;)

DKを見に行くと、ショボーンとした情けない顔のトム君が。しかも、私の顔を見て、

「ボ、ボ、ボク、もうこのお家にはいられましぇん。お世話になりました。今日限りでお暇をいただきますぅぅぅ」

と、窓に張りついて外へ行きたいと主張するではありませんか。



思わず大笑いしていると、今度は玄関に行って玄関ドアを見つめていました。

トム君、ヘタレ過ぎ。(爆)

とはいえ、ちょっとお灸が効きすぎたかな。
夕方になるまでDKでションボリしていて、夕方、お散歩に連れ出した後は帰りたがらないかと思いましたが、少し気分転換になったのか、ある程度歩いて満足したらいつも通り自分からサッサと家に入って行ったのでホッ。
ゴハンもいつも通り完食して、「もっとー」と主張していたので大丈夫だな。(お腹の調子を見ているので、少しいつもより量が少ない)

それでも、昨夜はずっとシューンとしていました。
夜、仮パパが帰って来たらちょっと復活したけど、いつもの元気っぷりは出て来ない。さすがにちょっと心配になったけど、
「こいつは、根はそんなにナイーブじゃないと思うから、すぐ復活するよ」
と言う仮パパの言葉通り、今朝にはすっかり復活してました。でも、DKからはあまり出たがらなくて、DKから他の部屋へ行くと、まだちょっとおどおどしてますが。

猫たちを怖がっている割りには、幸にはじゃれつくんだよなー。(^^;)
幸は、最初からトム君に割り合い好意的で、しつこくされても滅多に「シャーッ」は言わないから。今では、通りすがりに鼻でご挨拶を普通にするようになってます。そのせいでトム君は、今日は幸限定で追いかけ回してて、私はヒヤヒヤ。

「トムくーん、幸さんはねぇ、普段はおっとりしてて優しいお姉さんだけど、根は相当気が強いんだよー。怒ったら千弥介ボスなんてメじゃないほど怖いんだぞー」

と、忠告したけど、聞く耳持たず。また痛い目見ないといいけどなー。(;^_^A
まあ、私の心配をよそに、すっかり慣れたらしい幸は、適当にあしらってるようではありますが。

しかし、他の猫たちとトム君が馴染める日は、果たして来るのでしょうか。
……馴染む前に、里子に出て欲しい気はする。( ..)ゞ


トム君の里親さん大募集中!
少しでも気になって下さった方は、ぜひぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

問合せ先:NPO法人 日本動物生命尊重の会 A.L.I.S
      alis1993@live.jp

預かり日記は、当blog内のカテゴリ:トム君預かり日記にてまとめてご覧いただけます。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pikakids.blog.fc2.com/tb.php/290-cde25d7d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。