FC2ブログ

2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01













スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

鎌倉・多頭崩壊猫のこと

2014年07月07日(月)
※SNS等に投稿していた記事を時間がある時にまとめていきます。

小田原&鎌倉多頭崩壊(猫の口コミで話題のブログさんの記事)
http://ameblo.jp/naraha-ide/entry-11888654412.html

6/22(日)、上記blog主の方が藤沢に行ってくださっているちょうど同じ頃、私は鎌倉のマンションの方に行っていました。初めて現場に入った日です。
雌雄を分けるため、藤沢の方にメスを20数匹移動させたと聞いていたのですが、実際には鎌倉にもメスはたくさんいました。妊娠している子も、発情し、オスたちに群がられている子も。
「とりあえず3匹、状態の悪そうな子から連れて来て」と言われていたけれど、正直言って状態の良い子なんていませんでした。その中でも、特にぐったりしている子、片目が開いてない子、発情している子、妊娠していると思われる子、自分からキャリーに入ってきた子……どうしても選べず、藤沢がこんなことになっているとは知らず、ちょこママさんにお願いして4匹連れて行くことに。
ちょこママさんは、31匹の藤沢の子たちと私が連れて行く4匹とを受け入れてくれる病院を必死で探し、何度も行き先が変わりましたが、何とか2匹ずつ違う病院へ搬送しました。
最後の2匹を連れて行った病院には、衣装ケースに入った猫たちが……その時は理由がわからず、「衣装ケースに猫が2匹入れられてる??」と疑問だらけでしたが、忙しそうな先生に尋ねることもできず、猫たちを預けて病院を後にしました。
よもや2匹どころかあの狭い中に数匹放りこまれていたとは! 後から事情を知り、茫然としてしまいました。
私はこれまで、多頭飼育崩壊に4回ほど間接的にではあるけれど、関わったことがあります。どの現場もひどかったけれど、今回ほど動物の状態がひどいのは初めてです。
うちが預かっている2匹も、今、入院しています。仮名・海(める)は流産して緊急手術、猫風邪発症。状態が悪く、今、懸命に治療をしてもらっています。仮名・そらはだいぶ落ち着いてきましたが、まだ猫風邪の症状が安定せず、継続治療中です。
一見元気そうな子で、預かりさんの家で落ち着いているはずなのに、熱を出したり訳もなく鳴き叫んだりしている子もいるようです。
どの子も、みんなあの崩壊主の犠牲者。悔しくて悲しい。怒りしか湧いてこない。でも、今は猫たちが心も体も早く回復し、元気になるように、それだけを考えていきたいと思います。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pikakids.blog.fc2.com/tb.php/349-0fd6b5b3


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。