FC2ブログ

2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01













スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ピカ、虹の橋へ。うちの子はとうとう1猫に。(涙)

2015年11月22日(日)
ピカが逝って10日余りが過ぎた。
私は未だにリビングに置いたベッドで寝ている。もう真ん中で寝ていいのに、気づくと右側を空けて左端ギリギリに寄って寝ている。この2ヶ月、ずっとそうしてきた。右側で寝るピカのために。





ピカは、5月に腸にできた血管肉腫の切除手術をした。大きな腫瘍だったけれど、腸の一部も切り取って全て取り除けた。
「成功確率は五分五分もない。が、手術しないなら今月(5月)いっぱいもたないだろう」
と言われ、一か八かの賭けの手術だった。



ブジに乗り越え、みごとに復活。元気になった。ただ、病理検査の結果、腫瘍が周囲の組織に強く浸潤しており、転移・再発の可能性が高かった。しかも、手術後、てんかん様発作を起こすようになった。
副作用が出ないように、抗がん剤の低容量療法をしながら、それでも、ふだんは以前通り元気に過ごしていたけれど、9月、突然、体調を崩した。
腎臓と肝臓に、以前よりは小さな腫瘍ができていた。そして、全身にも転移が見られ、もはや打つ手はない。
「余命はおそらく数日」と言われ、覚悟を決めた。

その日から、リビングに折りたたみの簡易ベッドを設置。絶対にはずせない用事(親知らずの抜歯とか)以外、全て予定はキャンセルし、必要最低限の買い出し以外は外出をせず、ほぼ24時間、ピカの側に寄り添った。2時間以上家を空けなければならないときは、ダンナが休みを取って看ていてくれた。

苦しませるだけの延命はしない。ただ、残された日々をできる限り穏やかに過ごさせてあげたい。
万が一、肺に転移していたときのことも考えて、医療用酸素もレンタルした。



毎日、「今日が一緒に過ごせる最後の日かも」と思いながら、ただピカのことだけを考えて過ごした。
調子の良い時と悪い時が数時間単位で変わる。てんかん様発作もまた1度起こした。何度も、「今度こそダメかも」と思ったけれど、その度に持ち直し、10月の誕生日を迎えて17歳になり、気づいたら「数日」をはるかに越えて2ヶ月近く経っていた。
でも、さすがにそこが限界だった。

苦しませたくなかったけれど、最後はやっぱり苦しんでしまった。
酸素マスクのお陰で一時は落ち着いたけれど……。

11月10日深夜、日付が変わった11日の1時過ぎ。ピカは、ずっと一緒に寝てきたベッドの上で、私の腕の中で虹の橋を渡っていった。
ピカが大好きだった千弥介が迎えに来たかな……。

千弥介は、昨年の9月25日に、18歳で虹の橋を渡った。
私にとって千弥介は特別な存在で、唯一、結婚前から一緒に暮らしていた子。私は、千弥介の死を受け入れることができなくて、身内にも何ヶ月も知らせることができなかった。ネットにも今、初めて書く。
ピカが逝ってしまわなければ、ずっと書くことはできなかったかもしれない。
それでも、今でも受け入れきれていないような気がする。

ピカは大切なうちの子だったけれど、千弥介が逝ってしまった後は、同志でもあった。
千弥介がいない寂しさを分かち合える、唯一の仲間。
いつの間にか、私がソファに座るとぴったりと横にくっつくようになっていた。
家庭内野良で、撫でることはおろか半径1m以内に近づくこともできず、引越しで連れて来ようとした私の親指を本気噛みして全治1年にさせた子だったのにね。

最後の2ヶ月、ピカは体調が悪くて辛かったと思うけれど、私にとっては至福の時間だった。
10数年の家庭内野良を返上して余りあるほど密度の濃い、愛情と信頼を築けたかけがえのない宝物の時間だったと思う。
今はまだ苦しいけれど、きっと何年かしたら懐かしい幸せな記憶になるんだろうな。
そう、なってほしいとも思う。
望んだ「20歳以上生きて老衰で」ではなかったけれど、ピカは17歳、千弥介は18歳という天寿を全うしたのだから。

しかし、11猫いた我が家の子たちも、とうとうシンちゃん1猫になってしまったなあ。
預かりっ子たちがいるから実際は5猫いるんだけどね。
シンちゃんと預かりっ子たちとは生活が別だから、シンは一人っ子になってしまった。あまり他猫に執着がない子なのに、さすがに寂しいらしくて私の後追いが激しい。まだ当分、リビングで寝るのはやめられそうにないかも……。

No title

ピカちゃん、17歳・・
出産が思い出深いけど、小さな体で闘病もほんとによくがんばったね。。
涙がこみあげてきて、言葉が出てこない。ごめんね。マナさんも疲れたでしょう、ダウンしないようにご自愛を。
[ 2015/11/23 11:55 ] ちこ URL [ 編集 ]

No title

>ちこさん
承認が遅くなってごめんなさい。
ほんと、ピカの出産のときはお騒がせしました。
まさか、生後6~7ヶ月の子が妊娠してるなんて思いもしなくて大慌てしちゃったものね~。
今となってはあの慌てっぷりは笑い話だけど。

トシを取ってからは寝てることが多くてネタにならないからblogも止まりがちだったし、画像もなかなかあげられなかったけど、ちこさんには、ピカのこと気にかけてもらってて嬉しかったです。ありがとう。(^^)
また毛皮を着替えて戻ってきてくれると嬉しいけど、難しいんだろうねー……。
[ 2015/11/29 02:21 ] mana_blog URL [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pikakids.blog.fc2.com/tb.php/351-39d130e8


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。